HOME>記事一覧>他の商品との差別化で購買意を欲促させます

商品の特徴を理解させるデザイン

カラーチャート

スーパーやコンビ二などで何気なく手に取る商品には様々なデザインのパッケージがなされています。すぐ横にはライバル商品が置かれているのですから、少しでも多くの客の目に留まるようなデザインでなければなりません。更に奇抜さや派手さだけでなく、いつまでも心に残るような存在であり続けることも必要です。パッケージデザインを開発する際、これ等のことを踏まえた上で進めていきましょう。まずは瞬時にして他の商品との差別化を認知させるために、独特な模様を用いたり個性的なキャラクターを使ったりするのも効果的です。そしてイラストなどを利用してビジュアル的要素を取り入れていくことで商品の特徴が記憶に刻まれていきます。

分かりやすさに配慮しましょう

カラーチャート

パッケージデザインでは、商品についての説明が分かりやすく記されているかも重要です。同じ内容でも分かりやすいものとそうでないものとでは、印象が大きく変わることがあるからです。商品名に併記されるキャッチコピーなどは、文字の大きさや色、書体などが不適切にならないよう配慮しましょう。更にターゲットとなる年齢層の人へのアピール度や商品カテゴリーに当てはまっているかも要チェックです。そして何よりその企業のイメージと結びついていることが大切です。消費者が持つ企業への印象を損なわないようにすることは、ブランド力の向上にも繋がります。このような点について十分考慮しながら魅力的なパッケージデザインを開発しましょう。